700系から中空形状のアルミ大型押出材が採用され、客室内の快適性が高まった。
 
車両内装にもアルミを多く使い、リサイクル率を高める工夫がなされた。
 
薄肉大型形材などを用いて軽量化、構造簡略化が図られた。
 
製造の合理化、品質の安定などのためアルミ中空大型押出形材が採用された。
 
リニアモーターカー駆道の小型アルミ車両で、外板はアルミの特長をいかした無塗装仕上げ。
 
在来線で初めてのアルミ中空押出材のダブルスキン構造が採用された。